返信するGmailにファイルを添付してみよう!受信データを直接編集する便利技も!

Gmail初心者

Gmailに返信するときに、ファイルを添付して送ることはできるのかな?
相手から送られてきた添付ファイルが、返信のときにどうなるのかも知りたいな。

Dr.オフィス

Gmailでは、返信するときにもファイルを添付することができるよ。
相手が送ってきたファイルはダイレクトに編集して返信もできるから、覚えておくとダウンロードの手間がなく便利だよ。

Gmailでは、返信するメールにもファイルを添付して送ることができます。

Gmailのファイルの添付には、直接送れない容量の多いファイルを送る方法や、受信したメールをそのまま編集して送る方法などの便利な機能があります。

Gmailの返信でファイルを添付する簡単ステップ
  1. 返信したい受信メールを開き「返信」をクリックする
  2. クリップのマークのアイコンをクリックする
  3. 添付したいファイルを選ぶ
Dr.オフィス

Gmailを返信するときに使えるファイル添付の便利技を、10年以上Gmailを使っている私が紹介するよ。

返信用のGmailへのファイル添付は、受信したメールに対して「返信」を選び行うことができます。添付アイコンからファイルを選ぶだけなので簡単ですが、ファイルの大きさによってコツが必要な場合もあります。

送信したいファイルに合わせた添付方法を覚えておきましょう。

Gmailでメールを返信する手順や、返信時に使える機能については≫Gmailで返信する方法でも紹介しております。ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

※本記事は『OS:Windows10』ブラウザは『Google chrome』を使用しています。

目次

Gmailで返信のときにファイルを添付する方法

Gmailでは、新しいメールを作成する時と同様、返信するときにもファイルを添付することが可能です。

ファイルを添付するため、まずは返信したいメールを開きます。

返信を選択
返信を選択

開いたメールで「返信」をクリックし、返信メールの作成画面を表示させます。

ファイルの選択
ファイルの選択

返信メールの下側にあるアイコンのクリップのマークをクリックします。

ファイル選択画面があらわれるので、添付したいファイルを選び「開く」をクリックしましょう。

ファイルの送信
ファイルの送信

返信メールにファイルが添付されるので、メール本文の内容を入力して「送信」をクリックします。

Gmailの添付ファイルを返信メールから削除したい!

Gmailでは、添付ファイルがあるメールに返信すると、送信済みのメールのタイトルにも添付ファイルの情報が表示されます。

Gmail初心者

メールに返信したら元メールのファイルがそのまま添付されているみたい!
添付ファイルは削除して返信したいんだけど、どうしたらいいの?

Dr.オフィス

確かに、送信済みのメールを見るとファイルが添付されているように見えるね。
でも、これは元メールに添付されていたファイルが表示されているだけで、返信時にも送信されているわけではないんだよ。

添付ファイルがあるメールに返信すると、自分ではファイルを添付していないのに送信済みトレイではファイルが送信されたように見えます。

実際にはファイルが添付されているのは最初の1通のみで、返信のたびに添付されているわけではありませんので、不安に思う場合は送信メールの内容を確認してみましょう。

送信済みメールを確認
送信済みメールを確認

「送信済み」のトレイを選び、メールのタイトルを見ると添付ファイルが表示されています。

クリックし、メールを開きましょう。

最初のメールのみファイル
最初のメールのみファイル

相手とのメールのやりとりが表示されますが、添付ファイルをあらわすクリップのマークは最初のメールのみに表示されていて、添付されているのは最初のメールだけだと確認できます。

添付ファイルのあるメールに返信しても、自動でファイルが添付されることはありません。自分で削除を行う必要はないので、そのまま返信しましょう。

Gmailでは返信メールの添付ファイルが消えるときがある?

返信するときに添付したはずのファイルが消えるという場合、実際にはファイルは送信されているのに消えたように見えているだけかもしれません。

容量の大きいファイルを送ると、メールのタイトルにはファイル情報が付かないので、大容量のファイルを送る手順と見え方について確認してみましょう。

大容量のファイルは共有リンクが添付される

Gmailで送信できるファイルは25MBまでです。25MBを超えるファイルはメールに添付されずに、Googleドライブのリンク情報だけが添付されます。

添付ファイルが表示されない
添付ファイルが表示されない

Gmailの画面で「送信済み」トレイを確認し、添付ファイルが消えているメールを開いてみましょう。

ファイルへのリンク情報
ファイルへのリンク情報

送信済みメールの一覧では、ファイル情報が添付されていませんでしたが、開いてみると添付情報があるのがわかります。

ファイルを添付したときには、本文の右上に添付ファイルをあらわすクリップのマークがあるものですが、このメールにはクリップマークもありません。

Dr.オフィス

実際にファイルが添付されているのではなく、Googleドライブのファイルにアクセスできるリンクが添付されているだけだから、ファイル添付のクリップマークが付かないんだよ。

クリップのマークやメールのタイトルに添付ファイルが表示されませんが、Googleドライブへのリンク情報が添付されているので、受信した相手はファイルを受け取ることができます。

容量の大きいファイルを送る手順

添付ファイル25MB以上のファイルを送る場合も、通常と同様に返信メール作成画面でクリップのマークをクリックします。

ファイルの共有
ファイルの共有

容量が大きいファイルを送るときの確認事項が表示されるので「OK」をクリックしてください。

共有を許可
共有を許可

メールの受信者とファイルを共有するため、アクセス許可を求められるので「送信」をクリックします。

ファイルの添付
ファイルの添付

Googleドライブへのファイルアップロードが行われるので、終了まで待ちます。

本文を入力し送信
本文を入力し送信

ファイルの添付が終わったら、メール本文を入力し「送信」をクリックします。

添付されたリンクからファイルを見るには

Googleドライブの共有リンクは、直接添付されたファイルのようにダイレクトで編集できません。

一度パソコンなどにダウンロードしてから開きましょう。

ファイルのダウンロード
ファイルのダウンロード

添付されたリンクのファイル名にカーソルを近付けるとアイコンが表示されるので、下向きの矢印をクリックしてください。ファイルが自動でダウンロードされます。

Gmailに添付されたファイルを編集して返信

Gmailに添付されたファイルは、保存を行わずにそのまま編集して相手に返信することが可能です。

ダイレクトに返信したい場合にも、まずは受信メールを開き「返信」を選びます。

受信したファイルの編集
受信したファイルの編集

返信したい添付ファイルにカーソルを近付け、ペンのマークをクリックします。

ファイルの内容を編集
ファイルの内容を編集

Googleドキュメントが開き、ファイルの編集が行えるようになるので、修正したい部分などファイルの内容を編集します。

ファイル名も同時に変更することができるので、必要に応じて編集してください。

メールにファイルを添付
メールにファイルを添付

ファイルの編集が済んだら上のメニューにある「ファイル」を開き「メール」から「このファイルを添付して返信」を選びす。

返信メールを送信
返信メールを送信

返信画面に編集したファイルが添付されるので、返信メールの本文を入力し「送信」をクリックしましょう。

Gmailの返信では送信ファイルに適した添付方法を使おう!

返信するメールへのファイル添付は、返信画面にあるアイコンから簡単に行うことができます。

25MB以上のファイルを送るときには通常のファイルと違いがありますが、手順にそって行えば難しいことはありません。

添付の方法によっては、メールのタイトルだけでは添付ファイルが確認できないので、受信したメールや返信したメールはメールを開いてしっかり確認することが大切です。

返信するGmailにファイルを添付する簡単ステップについておさらいしましょう。

おさらい
  • 受信したメールへの「返信」を選び、返信用の画面を開く
  • 返信画面下側にあるクリップのマークをクリック
  • 添付したいファイルを選び「開く」をクリック

返信時のファイルの添付では、通常の添付方法以外に受信ファイルをダイレクトに開き編集することもできます。

ファイルに合わせて添付の仕方を変えると、Gmailがさらに便利になるのでぜひ使いこなしてくださいね。

Gmailでメールを返信する手順や返信時に使える機能については≫Gmailで返信する方法でも紹介しておりますので、そちらも参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる