Gmailアカウントでお悩みの方必見!基本から応用まで初心者にもわかりやすく解説

Gmail初心者

GmailアカウントとGoogleアカウントって何が違うの?
Gmailにログインするときにいつも迷っちゃうんだよね。

Dr.オフィス

GmailとGoogleのアカウントは同じものだよ。
他にも「ユーザーID」や「ユーザー名」などもあるから、混同しやすいよね。

Gmailを使用するときにはログインが必要になります、が似たような言葉が多いので、ユーザー名やアカウントなど、どれを使ってログインすればいいのかよくわからないという人もいますよね。

GmailアカウントとGoogleアカウントなどの違いについて解説し、迷わずGmailを使えるようにしていきます。

Gmailのアカウントを使用するポイント
  1. GmailアカウントとGoogleアカウントは同じ
  2. GoogleアカウントはGmail以外のアドレスも設定できる
  3. Gmailはマイクロソフトのアカウントにも使用可能
Dr.オフィス

Gmailを10年以上使っている私が、Gmailアカウントについて迷いやすいポイントや便利な使い方も含めて解説していくよ。

Gmailにログインするときのアカウントは、Gmailのメールアドレスです。Googleのアカウント作成時にGmailの作成も行った場合には、GoogleアカウントもGmailアドレスになります。

Gmailを取得していない場合には、Googleアカウントへのログインは他のメールアドレスになりますが、いずれにしてもログイン時に使用するのは「メールアドレス」です。

Gmailアドレスの便利な使い方については、こちら≫Gmailアドレスの使い方でも詳しく紹介しております。ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

※本記事は『OS:Windows10』ブラウザは『Google chrome』を使用しています。

目次

GmailアカウントとGoogleアカウントの違い

GmailはGoogleで提供しているのメールサービスです。しかしながら、名称が「Googleメール(グーグルメール)」ではなく「Gmail(ジーメール)」になっていることで、GoogleとGmailは別のサービスだと誤解してしまうことがあります。

GmailアカウントとGoogleアカウントは基本的には同じもの

Gmailは、Google(グーグル)で提供しているメールサービスです。そのため、Gmailを使うためには、Googleアカウントを取得する必要があります。

Googleアカウントのユーザー名を入力
Googleアカウントのユーザー名を入力

Googleアカウントを作成するときにはユーザー名を自分で決めることができますが、自分で決めた文字列と「@gmail.com」を合わせたものがGmailアドレスになります。

そして、自分で決めたGmailアドレスがGoogleやGmailにログインするときの「アカウント」になるのです。

Gmail初心者

Gmailで使う「アカウント」というのは「Googleアカウント」のことなんだね!

Dr.オフィス

Googleアカウントに「Gmailのアドレス」が使われるからGoogleアカウントが「Gmailアカウント」と呼ばれることがあるんだ。

他にも「ユーザー名」や「ユーザーID」と呼ばれることもあるよ。

例外としてGoogleアカウントにGmail以外のアドレスを使うことも可能

Gmailを利用する場合、GmailアカウントとGoogleアカウントは区別して覚える必要はありませんが、Googleアカウントを取得していてもGmailアドレスがないというパターンもあります。

Gmailのアドレスを作成しない場合
Gmailのアドレスを作成しない場合

ユーザー名を作成するときに「別のメールアドレスを使用」を選択すると、Gmailのメールアドレスを作成せずにGoogleアカウントを作ることが可能です。

Dr.オフィス

「別のメールアドレス」を使ってGoogleアカウントを作成した場合は、Googleアカウントは「ある」がGmailアドレスは「ない」という状態になるよ。

その他のメールアドレスでGoogleアカウントを作った場合でも、後からGmailアドレスを作ることは可能です。その場合は最初に使用したGmail以外のアドレスと後から作成したGmailアドレスのどちらでもGoogleのログインできます。

Gmailを使うためにはGoogleアカウントの作成が必要

Gmailを使い始めるときに作成するのは「Gmailアカウント」ではなく「Googleアカウント」になりますが、GoogleアカウントはGmailの画面やアプリから作成可能です。

パソコンでのアカウント作成手順

Googleアカウントを作成したいときは、Chromeなどのウェブブラウザで「Gmail」を検索して、Gmailのログイン画面を表示させます。

アカウントの作成に進む
アカウントの作成に進む

Gmailのログイン画面が表示されたら「アカウントを作成」をクリックし、アカウント作成画面に進んでください。

その後は表示される画面にしたがって名前などの情報を入力していけば、簡単にアカウントの作成が完了します。

パソコンでGmailアドレスを作成するための手順については≫Gmailアドレスの使い方でも詳しく解説しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

スマホアプリを使ってアカウントを作成するには

スマホのGmailからも、パソコン版とほぼ同じ手順でアカウントが作成できます。

メール設定でGoogleを選択
メール設定でGoogleを選択

Gmailアプリを初めて利用する場合はメールのセットアップ画面をが表示されるので、「Google」をせんたくしてください。

スマホでアカウントの新規作成
スマホでアカウントの新規作成

「アカウントを作成」をタップするとアカウント作成画面が開くので、表示される項目を入力してアカウントの作成を行いましょう。

Gmailのアカウント作成方法については≫Gmailアカウントの新規作成方法で詳しく紹介しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

Gmailアカウントを追加し複数アドレスを使い分けよう

Gmailのアカウントは追加して複数作成することができます。アカウントを追加することで、仕事用など使い分けが可能になります。

「別のアカウントを追加」を選択
「別のアカウントを追加」を選択

GmailアカウントはGmail画面右上にあるアカウントアイコンから追加可能です。

アカウントアイコンをタップしてメニューを開き、「別のアカウントを追加」をクリックして作成画面に進みましょう。

Gmailアカウントを追加する詳しい手順については≫Gmailアカウントを追加する方法で紹介しておりますので、そちらもあわせてご覧ください。

Gmailアカウントは簡単に切り替えできる

Gmailのアカウントは、一度ログインするとワンクリックで簡単に切り替えできるので簡単に複数のアカウントを使い分けることができます。

Gmailアカウントの切り替え方法については近日公開予定です。

不要になったGmailアカウントは放置せず削除

不要になったGmailアカウント、どうせ使わないからと放置してしまいがちですが、管理できなくなったアカウントはなりすましに利用される危険性もあります。使わない場合は放置せずに削除しましょう。

Gmailアカウントの切り替え方法については近日公開予定です。

共用パソコンではGmailアカウントのログアウトを忘れずに!

自分だけが使うパソコンでは、毎回ログアウトする必要はありませんが、会社や学校などの共用パソコンでGmailを使用した場合は、必ずログアウトしてください。

Gmailアカウントをログアウトする方法については近日公開予定です。

マイクロソフトのアカウントにもGmailを使用できる

マイクロソフト(Microsoft)のアカウントは、通常はOutlookメールが設定されますが、実はGmailを使用することもできるのです。マイクロソフトのアカウントにGmailを使用すると、複数のアカウントを覚える必要がないので管理が楽になりますよね。

Gmailアドレスをマイクロソフトアカウントとして使う場合は、マイクロソフトのアカウント作成画面でGmailアドレスを入力してください。

Microsoftアカウントの作成
Microsoftアカウントの作成

Microsoft(マイクロソフト)のサインイン画面で「アカウント作成」を選択します。

すでに持っているメールアドレスでアカウント作成
すでに持っているメールアドレスでアカウント作成

新しいメールアドレスを作成する画面が表示された場合「または、すでにお持ちのメールアドレスを使う」をクリックしてください。

Gmailアドレスを入力
Gmailアドレスを入力

メールアドレスの入力画面になるので、Gmailアドレスを入力して「次へ」をクリックしてください。

最初の画面で「アカウント作成」をクリックしたときに、新しいメールアドレスを作成する画面ではなくメールアドレス入力画面が表示される場合もあります。

使用したいパスワードを入力する
使用したいパスワードを入力する

使用したいパスワードを入力し「次へ」をクリックします。Microsoftアカウントに設定するパスワードなので、Gmailで使っているパスワードと違うもので構いません。

Gmailに届いた認証コードを入力
Gmailに届いた認証コードを入力

登録したGmailに認証コードが届くので、画面に入力して「次へ」をクリックします。

認証コードが届かない場合は、迷惑メールに分類されている場合があるので迷惑メールを確認してみてください。また、Gmailはメールが届くまでにタイムラグがあるので、画面の更新などを行ってみましょう。

アカウント作成完了
アカウント作成完了

「アカウントの作成」という画面が表示され、作成終了になります。

サインイン状態を保持する
サインイン状態を保持する

サインイン状態を保持するか表示された場合は、どちらでも構いませんが「はい」にしておくと毎回ログインする手間が省けます。

マイクロソフトアカウントにGmailを設定した場合には「@outlook.jp」のメールアドレスが取得できないというデメリットがあります。Outlookのメールアドレスが欲しい場合は「新しいメールアドレスの取得」からアドレスとアカウントの作成を行いましょう。


Gmailアカウントの特性を理解して便利に使いこなそう

今回は、初心者が迷いやすいGmailアカウントとGoogleアカウントの違いや使い方について解説しました。

GmailアカウントとGoogleアカウントは、使う場面によって呼び方が変わることがあるだけで同じものです。

例外として、すでに持っているメールアドレスでGoogleアカウントを作成し、Gmailアドレスを作らなかった場合だけGoogleアカウントがGmail以外のアドレスになります。

Gmailのアカウントを使うときのポイントについておさらいしましょう。

おさらい
  • Gmailを使っている場合はGmailアカウントとGoogleアカウントは同じ
  • Gmailアドレスを取得していない場合はGoogleアカウントは設定したメールアドレス
  • Gmailアドレスはマイクロソフトアカウントとして使用可能

Gmailのアドレスを持っている場合には、GoogleのアカウントやGmailアカウントという言葉にこだわらずに「ログイン時はGmailアドレスを使う」と覚えておくといいでしょう。

Gmailアドレスについて、もっと詳しく知りたいという場合には≫Gmailアドレスの使い方で紹介しておりますので参考にしてみてくださいね。

姉妹サイトの【Outlookドクター】では、マイクロソフトアカウントで使用できるOutlookメールの紹介をしておりますので、そちらも合わせて参考にしていただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる